2017年3月26日日曜日

資産チェック 2017年3月

3ヶ月に一度に恒例の、資産チェックをやっていきます。

資産増減

2016年末からは+45万円でした。
今年から家計簿での予算管理を厳しくチェックするようにしました。この3ヶ月間はその効果が出ていると感じています。ここから先も、貯蓄のために家計簿を活用していきます。

アセットアロケーション

クリックで大きくなります
3ヶ月前と変化なしです。
ヴァンガードのETFからアメリカの個別株に乗り換えましたが、金額は殆ど変わらなかったので、アセットアロケーションには影響しませんでした。
この3ヶ月は株式市場が強気で、買いに出るのことは出来ませんでした。チャンスを待ちます。

目標進捗率

2017年末で2,520万円が目標ですが、進捗率は今90%です。やはりボーナスがない時期は進捗率の改善は進まないです。


残りの時期はトランプ市場の調整が来ると思っています。その時に備えて貯蓄を増やしつつ、時期が来たら出動できるように虎視眈々とチャンスを狙いたいです。


人気ブログランキングへ
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
もしよろしければ応援よろしくお願いします。

2017年3月20日月曜日

投資本と学習逓減効果

言うまでもないですが、成功した投資家になるには継続した勉強が必要で、一番身近な勉強は読書だと思います。それでは、投資本を読めば読むほど知識が積み上がってより良いパフォーマンスが出るのかと言うとそうでもありません。

最初のうちは学べば学ぶだけ学習効果が大きく出ますが、それもだんだんと効果として出る量が鈍くなります。よく言う学習の逓減効果で、下がイメージです。

私の経験上、投資に関する本を10冊程度読むと、新しい本を読んでも「この部分、他の本でも書かれていたな」ということが増えてきて、新しい知識が増えにくくなります。


これから投資本を読んで勉強しようとしている人、やり直そうとしている人は良い投資本をまずは5冊から10冊程度読んでみる、というのがいいと思います。それくらい読めば投資に関する一通りの知識は身につきますので、あとは実践です。
どんな本が良い投資本なのかということは下のリンクで紹介しており、順次増やしていきますので参考にしてみて下さい。
記事リンク:テーマ別 株式投資をするなら読んでおきたいおすすめ本


当たり前ですが、実践して行動することが一番大切です。私にも経験があり反省しているのですが、投資本を読むと、これから自分が投資をする時も成功が約束されたような錯覚に陥ります。本を読んだだけでは資産が増えたわけでもないし、配当が増えたわけでもないのに、妙に楽観的になります。気を付けて下さい。


人気ブログランキングへ
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
もしよろしければ応援よろしくお願いします。

2017年3月15日水曜日

今の株式市場は長期投資家にとって我慢の時

最近、株式市場が高止まりしており、下がった時に仕込みたいと考えている長期投資家にとっては我慢の時です。いざチャンスが来た時にすぐに動けるように、チャンスが来た時に買おうと思っている銘柄の分析は続けています。

今日はその分析を通じて思ってことを一言。

私は投資対象を日本株式と米国株式にしていますので、投資対象の企業分析も両方の国の企業を行っています。そこで感じるのは日本株は今、投資をすべき時期ではないのかもしれない、ということです。

企業分析をしていると、日本企業はだいたい次の2ケースに当てはまります。


  1. 株価は妥当な水準にあるが、消費者独占競争力を持っておらず、投資対象として魅力に欠ける。
  2. 消費者独占競争力を持っており、投資対象として魅力的だが、株価が高すぎる。

つまり、投資対象が非常に見つかりにくいということです。2について、もう少し詳しく述べると、例えば私が買おうと思っていたある銘柄を分析した所、配当も含めた今後10年間の期待収益率が年間1.3%となりました。こんな銘柄、とても買う気になれません。

仮に今後10年間の期待収益率が年間3%になるには株価が今の水準から約17%下がらなければならず、最低でもこのくらいの株価にならないと買えないと思いました。


一方、米国企業だと今後10年間の期待収益率が年間7%以上の企業も多くあり、もう少し株価が調整されれば出動するのはありかも、と思っています。まあ、今は円安傾向なのであまり大きなドル買い出動にも動けないのがもどかしいのですが…。

いずれにせよ、チャンスが来た時にすぐに動けるよう分析は続けていきます。


人気ブログランキングへ
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
もしよろしければ応援よろしくお願いします。